画像
画像
画像
コエンザイムQ10.ws

うつ病になった時にコエンザイムQ10を勧められて助かりました

わたしはカウンセラーとして、仕事や私生活での人間関係に悩んでいる人やうつ病で悩んでいる人などと日々接しています。
本人の「もう生きていたくない」というような声を聞きながらいろいろなアドバイスや、時には話を聞いてあげるだけの時もあるのです。
わたしも昔に同じような経験もあり、自殺というのが身近にあったからこういった活動をしているともいえるのです。
子供の頃から完ぺき主義で失敗が許されないという意識を持った子供時代だったのもあり、学校での成績は毎回のように自分の中では戦いのようなものでした。
先生に勉強のできる子、成績優秀の子と思われたいと強く願い、両親にも多大なプレッシャーを与えられて育ちました。

そのプレッシャーは、大げさに言うと日本代表の試合に出ているスポーツ選手のように毎回テストの度に良い点を取らなければという気持ちになっていたのです。
「取らなければいけない」その呪縛がどんどんと自分を追い込む性格を作っていました。
挫折をしない様な幼少期や青年期を迎えて社会人になった時には、一度の失敗がこれほど身を滅ぼすという事態なるとは思ってみなかったからです。
社会人で一人暮らしをしていた時には、大手企業に勤めていて自分でも給料は良かったのですが、食事のバランスは悪く栄養が取れていなかったのもありました。
その時に仕事での失敗で、絶望をしてしまいました。

自分よりも能力が劣っている相手に仕事で負けたのが許せなかったのと、精神的に不安定になりうつ病になりました。
心配してくれた友人がわたしの完璧主義な性格を直すには時間がかかるが、栄養を取ることによって、うつ病なども緩和するからといってコエンザイムQ10を勧められました。

その時は、こんなものでという気持ちもありましたが、強く勧められたのもあり、薬とは違うという事で安心してとっていると、精神的に変わってきました。
もちろん薬が効かないとは思いませんが、栄養からしっかりと取るようにする事が一番先決だということを知りました。