画像
画像
画像
コエンザイムQ10.ws

コエンザイムQ10使用の美容効果

コエンザイムQ10は今やスキンケア商品だけにとどまらず、ゼリー飲料などの美容ドリンクにも配合されています。
美容効果が唱えられているコエンザイムQ10の働きは、抗酸化作用といって、肌のたるみやしわを予防し、カラダの老化を防止します。

コエンザイムQ10は20代をピークに減少していき、80代では50%以上のコエンザイムQ10ga失われるといわれています。
体内の細胞というのは酸化してしまうものなのですが、活性化酸素を通常の数に整えることで細胞の酸化を防ぎ、抗加齢効果が期待されています。
コエンザイムは活性酸素を取り除き、新陳代謝を促すことで肌の衰えを改善し、内側から美しさを保ってくれるのです。

実際に摂取してみた感想ですが、まずスキンケア商品は基本的にはアンチエイジング目的の商品で、色が黄色っぽいのが特徴です。
アスタキサンチンが配合されているとオレンジっぽい色のものもあります。
ビタミンEやビタミンB群と一緒に配合されていたり、吸収をよくするために黒胡椒エキス末が配合されていたりと、単独で摂取するよりは相乗効果のあるものが割と配合されています。

化粧水は浸透がよく、クリームは伸びが良いものが多いです。
ジェル状のものはテクスチャがやわらかく、とろとろしていることがあります。
うるおいを補給しながら肌にハリを与えてくれるという記載のものが多く、実際に使用後に肌がピンっとはるのがわかります。
ニオイを感じたことはないので、コエンザイムQ10自体は無臭なのでしょう。

コエンザイムのスキンケアが、若返りの救世主と呼ばれているのも納得できる使い心地です。
美容系ドリンクでの摂取は、還元型コエンザイムQ10というものでしたが、他にも活性系アミノ酸やビタミンB群などが配合されており、アクティブに活動できる印象でした。
味はドリンクによって違いますが、そもそもコエンザイムQ10自体に味があるわけではないので気になりませんでした。