画像
画像
画像
コエンザイムQ10.ws

コエンザイムQ10の働きとアンチエイジングについて

コエンザイムQ10は最近アンチエイジング商品として販売され、人気が出てきている。
私の場合は早速化粧品の基礎化粧品やファンデーションから試してみることにした。
なんだか黄色い色の液体や、クリーム状の化粧品で浸透性も良い上に肌の馴染みも大変良い状態であった。
1957年にクレーン博士によって、心臓細胞のミトコンドリアの中にオレンジ色の物質が発見されたのが、コエンザイムQ10である。
これは私たちの体の中の生命の働きを維持している酵素の一種で大変重要な役割をしている。

その働きは、食事の糖や脂肪アミノ酸などを生きるためにエネルギーに変えてくれる働きです。
体内でのミトコンドリアと呼ばれている小器官によってエネルギーが作り出されているが、これがないとエネルギーがうまく生産されないので必須なものである。
そしてもう一つは、細胞を活性化酸素による酸化から守り若々しい体の維持と老化から守る働きがあるとされている。
唯一、身体の細胞組織の中のミトコンドリアまで到達できる作用があるといえるので、やはりアンチエイジングを考えている方や細胞の若返りについては、見逃せない要素であるようだ。

化粧品だけでなく、サプリメントや食品も販売されているので中からもそとからも、アプローチしていくことができる商品のようだ。
長年の生活の中で疲れ切ってしまった身体やお肌を、細胞レベルから蘇らせる作用が期待できるコエンザイムQ10は、これまでの深刻な副作用の報告は一例もないようだ。

もともとは、身体の中で合成されている成分だからであり安全であるという考え方が有力なようだ。
化粧品では、化粧水の浸透性も良く張りもでてきたような感じがある。

特にクリームでは浸透性が良い上に、新陳代謝の活性化も感じられ効果が感じられた商品だった。
シャンプーやリンスは、お試し商品だったためあまり実感は得られてはいないが確かに、洗い上がりの感触はしっとりした感じではあった。