画像
画像
画像
コエンザイムQ10.ws

コエンザイムQ10の生活習慣病予防効果とは

美容やアンチエイジング、ダイエットなど様々な効能が見られるコエンザイムQ10は
女性だけに注目されているように思われがちですが、コエンザイムQ10の効果は美容面だけに関するものだけではないのです。

そもそもコエンザイムQ10が認識され始めた当初は、心臓病や脳疾患、血行改善などの治療に用いられる医薬品として使用されていました。
しかし2001年に医薬品のみでなく、その他の効能も見られるようになったため、食品としても扱われるようになり、
医師の判断がなくてもサプリメントなどで簡単に服用出来るようになったのです。

そんなコエンザイムQ10はガンや糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防に効果があるとされています。
生活習慣病はその名の通り、生活習慣によりなりやすい病のことですが、生活習慣だけの問題ではなく、
体が老化し、抗酸化作用が減少することにより、細胞が傷つきやすくなり、病に侵されやすくなるとも考えられます。

コエンザイムQ10は我々の体内に存在し、つねに生産される物質でありますが、二十代から徐々に生産量が減少し、その働きは弱くなり始めます。
これがいわゆる老化現象の原因となるのです。

コエンザイムQ10が不足すると、活性酸素を抑制する抗酸化作用が弱くなります。
活性酸素も体をウイルスなどから守るための大切な役割を持っていますが、
活性酸素が働きすぎると、体は錆びつき、細胞は壊れやすくなってしまうのです。
細胞が壊れやすいということは、ガンなどの生活習慣病になりやすい体質になってしまうということです。

ですから、生活習慣を改めることは勿論、抗酸化作用を活発にするために、
コエンザイムQ10のサプリメントなどを使用することが、生活習慣病の予防に効果的だと考えられています。

またコエンザイムQ10は、血流改善効果もありますから、心臓病や脳疾患などの予防にも効果的です。

年齢が進むにつれ、老化が気になりだした方は是非生活習慣病予防のためにコエンザイムQ10を積極的に取り入れてみて下さい。
生活習慣病の予防にはプロポリスも良いでしょう。