画像
画像
画像
コエンザイムQ10.ws

コエンザイムQ10の不妊治療効果とは

近年増えているのが、晩婚、高齢出産ですが、それに伴い問題視されているのが「不妊症」です。
勿論、若くても不妊に悩まされる方もいらっしゃいますし、女性だけの問題ではありませんが、
女性の卵子というのは年齢が進むにつれて、卵巣機能が低下し、卵子の質が弱まり、数が減少することが判明しています。
これにより高齢になると受精率が下がり、不妊になりやすいのです。

では、卵巣機能を若がえらすことは出来ないのでしょうか?

マウスの研究により近年判明したのが、コエンザイムQ10が不妊治療に効果があるかもしれないということです。
コエンザイムQ10というのは細胞中のミトコンドリア内に存在する物質で、私達の体全体の細胞中に含まれていますが、
よりエネルギーを必要とする、心臓や、卵巣、または精巣などの生殖機に多く含まれていることが分かっています。

そのため、ミトコンドリア内に含まれているコエンザイムQ10が、卵巣機能や精巣機能と深く関わっているのではないか?と考えられています。

実際にマウス実験を行った結果、コエンザイムQ10を摂取させたマウスは、ミトコンドリアが活性化し、卵巣機能がアップしたという結果になりました。
これはコエンザイムQ10が持つ高い抗酸化作用が細胞を傷つける活性酸素を抑制することが、卵子の質や数に深く関係していると言えます。

またコエンザイムQ10は心臓のポンプがわりとなる働きもみせますので、
血流を改善し、不妊の原因ともなる冷え性の改善にも役立っていると考えられます。

そして女性だけでなく、男性にコエンザイムQ10を続けて摂取させたところ、
精子の機能がアップし、質や数が増したとされ、コエンザイムQ10を摂取したカップルは受精率が、
摂取していない不妊症のカップルに比べて三倍近く上がったとされています。

体内のコエンザイムQ10は残念ながら、年齢と共に減少します。
ですから高齢になると妊娠しにくくなるわけです。
不足したコエンザイムQ10をサプリメントなどで補い、生殖機を若がえらせ、妊娠しやすい体作りを目指しましょう。
他にもプラセンタhttp://xn--1cki4e8c6b5622anre5qaa3854cbf5apx3a.com/で不妊治療されている方もいるそうです。
この場合注射を打つ方が多いそうですが、金額的に負担が少ないサプリメントから始めてみても良いでしょう。
こちらに人気のプラセンタサプリメントのランキングサイトがありますので参考にしてみてください。